« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月17日 (日)

国連大学からのお知らせ

こんなお知らせが来ていますので、
参加されたい方は、一報ください

国連大学公開講座―地球規模課題シリーズ
> 第1回 Unintended Consequences of Peacekeeping Operations
> ~平和構築の死角
>
> 国際連合大学では、国際連合大学出版部から刊行された、あるいは刊行予定の図書を> もとに、国際社会が直面している地球規模課題について様々な視点から自由に討論できる知的交流の場として、一般公開講座を行います。
>
> 初回となる2月22日(金)のスピーカーは、「Unintended Consequences of
> Peacekeeping Operations」の編者の一人である青山学院大学国際政治経済学部准教> 授の青井千由紀氏です。同書では、紛争解決のために乗りだした平和維持軍の派遣に よって引き起こされる新たな問題、派遣前には想定されなかったネガティブな影響について考察し、そうした意図されない結果の発生を最小限にするためにはどのような政策対処が必要か取り上げられています。
>
> コメンテーターには朝日新聞論説委員の脇阪紀行氏をお招きします。脇阪氏はジャーナリストとして日本の外交、国際政治の分野において豊富なキャリアと情報に裏打ちされた洞察力をお持ちのうえ、最近ではフィンランド人ジャーナリストによって書かれたアチェ和平交渉の図書を翻訳(カトゥリ・メリカリオ著、脇阪紀行訳『平和構築の仕事―フィンランド前大統領アハティサーリとアチェ和平交渉』明石書店、2007年されるなど、活動範囲は多岐にわたります。

>>>>>>>>>>>記<<<<<<<<<<<
>
> 日時: 2008年2月22日(金) 16:30 ~ 18:45
> 場所: 国際連合大学5階 エリザベス・ホール会議場 
> 東京都渋谷区神宮前5‐53‐70
> http://www.unu.edu/hq/Japanese/access/index.html
> スピーカー:青井千由紀(青山学院大学国際政治経済学部准教授)
> コメンテーター:脇阪紀行(朝日新聞論説委員)
> 入場料: 無料 (要事前登録)
> 言語:日本語のみ
>
> <プログラム>
> 16:30 --- 16:35 「地球規模課題シリーズ」について
> 高橋一生 国連大学客員教授
> 16:35 --- 17:00 Unintended Consequences of Peacekeeping Operations
> 青井千由紀 青山学院大学国際政治経済学部准教授
> 17:00 --- 17:15 コメント
> 脇阪紀行 朝日新聞論説委員
> 17:15 --- 17:45 質疑応答
> 17:45 --- 18:45 懇親会 (ラウンジにて)
>
> *********国連大学公開講座:申し込み書(日・英)*******
> お名前:
> Name:
> 所属先:
> Affiliation:
> 肩書き:
> Title:
> メールアドレス:
> 電話番号:

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »